メンバー募集中!一緒に活動しませんか?

Kanaria 1stアルバム「KING」のレビュー!ご本人から手売りで買った感想など

Kanariaさんの1stアルバム「KING」2020年12月9日に発売されました!

私は一足早く11月15日のボーマスでゲットしていたので、CDを聴いての感想や当日Kanariaさんご本人から手売りしてもらった感想などを…!

AD
井上春

春です。
アイコン画像はノーコピーライトガールより。
ボカロ曲を投稿したのでボカロPを名乗ることができます。

井上春をフォローする
AD

Kanaria 1stアルバム「KING」

2020年最も話題になったボカロ曲と言っても過言ではない「KING」の作者Kanariaさんによる1stアルバムです。
アルバムタイトルは代表曲のタイトルと同じく「KING」です。

CDには三つ折りで歌詞カードが入っています。

初投稿が2020年5月10日の百鬼祭で、そこから半年でアルバムってめちゃくちゃなスピード感ですね。

通販での購入等はこちらから↓
1,300円+税です。

収録曲は以下の通り。

  1. ヒトリユラリ
  2. KING
  3. 不幸せ
  4. 百鬼祭
  5. エッサホイサ
  6. NaNaNa
  7. ダークハッピー
のうさんによるジャケットイラスト

ボーマスで購入した感想

ボーマス行った時の記事で書いたのですが、Kanariaさんのブースは開始時間前から列ができていました。
さすが今一番勢いのあるボカロP…!

ブースにはKanariaさんご本人と、売り子の男性が1人いました。

人多いから無理だろうか…と思っていたら、サインもしてもらえました。

ボーマスの詳しい話は以下の記事に書いています。

Kanariaさんの容姿について

下世話な話ですが、気になる人も多いのではないでしょうか。
「Kanaria 顔」とかでググる人もいるんじゃないかと思うので文章で書いてみますね。

Twitterのプロフィール欄によると、Kanariaさんは2020年12月現在18歳だそうです。

2020年12月9日時点のTwitterプロフィール

容姿も年齢相応に幼さの残ってる感じの印象でした。

やや中性的な感じかも…?
(ちなみに男性です)

似てる芸能人とか挙げられたら良いのですが、私は似てる芸能人挙げる能力に乏しいので…。

強いて言えば川越達也シェフに似ている…?

タツヤカワゴエオフィシャルブログより

いやKanariaさんと川越達也シェフの顔を見比べて「似ているか」と訊かれたら「別に似てない」となるのですが、一番近しい芸能人を脳内検索すると川越達也シェフが出てきました。

前髪のサイドが長めな感じだったので、何となくイメージは近いような気がします。
「似ているか」と訊かれたら「別に似てない」ですけど。

収録曲 Twitter限定で公開されていた曲も

収録曲は動画として投稿された曲の他、「Twitter限定曲」として公開されていた曲のフルバージョンなどがあります。

1.ヒトリユラリ

動画として投稿されている、MARETUさんがREMIXしたバージョンの方が知ってる人が多いかも知れません。

元は初投稿をして間もない5月22日に百鬼祭の10万再生を記念してTwitter限定曲として公開されたものです。

CDに収録されているのは、MARETUさんREMIXではないオリジナル版のフルバージョンです。

他の曲もそうですが、Twitter限定曲の時よりもCD収録版の方が音作り等がパワーアップしているように思います。

2.KING

言わずと知れたKINGです。アルバムの表題曲でもありますね。

アルバムの中で唯一ボーカルがGUMIです。他6曲は全部初音ミクです。

アルバム通して聴いて思いましたが、KINGはKanariaさんの曲としてはやや特殊な気がしますね。
和風成分が全くない感じが…。

3.不幸せ

1万フォロワー記念として公開されたTwitter限定曲のフルバージョンです。

4.百鬼祭

初投稿曲の百鬼祭です。

個人的に投稿当時は全く気にかけてなかったのですが、改めて聴くと良い曲ですね…。
タメの感じとか。

5.エッサホイサ

百鬼祭の投稿の5日後に、百鬼祭の30,000再生とYouTubeのチャンネル登録者数2,000人を記念して公開された曲です。
初のTwitter限定曲ですね。

CD収録曲の中で一番好きです。

6.NaNaNa

ゲストボーカル企画としてadoさんの歌で公開されていた曲の、初音ミクバージョンです。

これはCDに収録されているのもTwitterに公開されているのと同じ尺でした。

ゲストボーカル企画としては現時点でダズビーさんの「夜迷子と」も投稿されていますが、こちらはアルバムへの収録はありませんでした。

7.ダークハッピー

これはどこにも公開されていない、今回のアルバムへの書き下ろしのようです。
(今後動画として投稿されるというのもありそうですが)

おわりに

Kanariaさんは間違いなく2020年を象徴するボカロPだと思います。

これからの活躍が楽しみですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました